仕事と介護の両立を応援するブログ

これから介護世代が増える中、育児や仕事と両立していく子供世代も増加します。いまそのような状況になっている方・これから可能性のある方に向けて、介護とはどのようなことなのかをわかりやすくお伝えできればと思います。

初期費用なし・月額約10万円で入居できる都市型軽費老人ホームとは?

都心において、所得が低い高齢者でも入ることのできる施設が、都市型軽費老人ホームです。月額費用も、有料老人ホームと比べてかなり安くなっています。

都市型軽費老人ホームでは、見守りや食事・洗濯や掃除などの生活援助を受けながら生活することができます。

今回は、都市型軽費老人ホームについて、施設の特徴・軽費老人ホーム(ケアハウス)との違いや、利用条件についてお伝えしていきます。

目次

1. 都市型軽費老人ホームとは?

 
生活をしていくのに経済的不安がある方や、何かしらの理由で、親族から介護や見守りケアを受けられない方の施設として、軽費老人ホーム(ケアハウス)ができました。

しかし、東京などの都心部では、入居希望者は多くても、地価が高く軽費老人ホームを増やしていくことが難しい状況となりました。

そこで、部屋の広さやスタッフ数について、軽費老人ホームよりも条件を緩めた、都市型軽費老人ホームが新たに認められました。


2. ケアハウス(軽費老人ホーム)との違いは?

部屋が狭い

都市型軽費老人ホーム個室は、4畳半の大きさがあれば良いことになっています。通常のケアハウス(軽費老人ホーム)の個室は、約13畳なので、都市型軽費老人ホームはかなり狭いと言えます。

住民票のある地域の施設のみ申し込み可能

ケアハウス(軽費老人ホーム)は、希望の施設に申し込みをすることができましたが、都市型軽費老人ホームは、住民票のある地域の施設のみ申し込みをすることができます。

低価格

ケアハウス(軽費老人ホーム)では、入居一時金がかかるのに対し、都市型軽費老人ホームは、入居一時金が不要です。

また、低収入の場合には、減免措置もあるため、経済的に不安な方にも安心です。


3. 都市型軽費老人ホームの利用料金

前述した通り、都市型軽費老人ホームは、入居一時金がありません。

また、月額費用も約10〜13万円(家賃・光熱費・食費込み)とかなり安価となっています。

4. 都市型軽費老人ホームの介護サービス

都市型軽費老人ホームには、介護職員もいますが、人数はとても少ないです。

そのため、介護サービスを受けたい場合には、外部のサービス会社に申し込む必要があります。今、通っているデイサービスなどがあれば、その会社を引き継ぐことができます。

一方で、介護度が上がってきてしまい、24時間介護ケアが必要となると、住み続けることが難しいかもしれません。

5. よくある質問

どのくらいの規模の施設か

都市型軽費老人ホームは、入居者が5人〜20人までと、非常に小規模な施設となります。

また、職員配置も、施設長・生活相談員1人・介護職員1人・夜勤職員など限られています。

個室にトイレはあるか

個室が非常に狭いため、基本的にトイレやお風呂は、共用スペースにあるものを使います。

まとめ

都市型軽費老人ホームは、今までのケアハウス(軽費老人ホーム)よりも、安く入居できることがわかりました。また、収入に制限がないため、生活保護の方でも入居することができます。

これからニーズが高まる都市型軽費老人ホームですので、都心部にお住まいの方は、まず近くに施設があるかをぜひ確認してみてください。