仕事と介護の両立を応援するブログ

これから介護世代が増える中、育児や仕事と両立していく子供世代も増加します。いまそのような状況になっている方・これから可能性のある方に向けて、介護とはどのようなことなのかをわかりやすくお伝えできればと思います。

サービス付き高齢者向け住宅と有料老人ホームの違い

高齢化社会に伴い、高齢者向けの施設も増えてきました。施設によって、特徴やメリットが異なります。そのため、入居検討する際は、まず施設の種類や概要について、よく知っておく必要があります。

今回は、サービス付き高齢者向け住宅【略してサ高住】と、有料老人ホームの特徴の違いや、費用・入居条件について、わかりやすくご紹介したいと思います。
 


目次

1. サ高住と有料老人ホームの特徴の違い

サ高住の特徴

サ高住とは、常駐スタッフによる安否確認と、生活相談が受けられる高齢者向けの賃貸住宅です。

基本的には、介護サービスが必要となった場合は、自分で外部サービス業者と契約をして、介護を受ける必要があります。

一方で、外出や、起床・入浴時間などの制限がないため、自由度が高く、のびのびと暮らすことができます。

有料老人ホームの特徴

介護型有料老人ホーム

介護型有料老人ホームは、施設内に介護士が、常駐しているため、 24時間介護を受けることができます。

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームでは、食事や掃除・洗濯など身の回りのことは、施設スタッフが行ってくれます。
しかし、介護が必要になった場合は、サ高住と同じく、外部のサービス業者に頼む必要があります。

2. サ高住と有料老人ホームの入居条件の違い

サ高住の入居条件

サ高住の入居条件は、 60歳以上で、自立した生活を送れる人から、介護が軽度必要な程度の方までです。
介護度が進むと、住み続けにくいというデメリットもあります。

有料老人ホームの入居条件

有料老人ホームの入居条件は、原則として60歳以上の高齢者です。
また、有料老人ホームの種類によって、

【健康型】は、自立して生活できる人、
【介護型】は、要介護以上の認定を受けている人、
【住宅型】は、自立から要介護まで、と3種類に分かれているため、それぞれ入居条件の介護度は、異なります。

3. サ高住と有料老人ホームの費用の違い

サ高住の費用

サ高住の支払い方法には、前払いと、月々払う月額払いがあります。

前払い

前払いでは、入居一時金として、家賃分を一括支払いする方法です。入居には、数千万かかることもあります。

前払いすることにより、毎月の家賃分が安くなるため、月々の支払いは安価になります。

月払い

月払いの方は、入居時に、敷金が発生します。敷金は、一般マンションと同じく、家賃の2から3ヶ月分が相場となります。

入居後に毎月かかる費用としては、
家賃・管理費・共益費・水道ガス高熱費・安否確認・生活相談費となります。
他にも、食事サービスを利用する場合は、食事サービス料も含まれます。

賃料の目安としては、地域のマンション相場に近い料金設定となっています。住みたい場所のマンション相場で、費用を検討してみてください。
 

有料老人ホームの費用

老人ホームの費用は、種類によって異なります。

健康型有料老人ホームの費用

健康型有料老人ホームは、有料老人ホームの中でも、月々の家賃が1番高い傾向になります。これは、施設設備の充実や、部屋の広さが広いためです。

介護付き有料老人ホームの費用

介護型有料老人ホームの費用は、介護度により介護サービス費用が定額で、月々かかります。

月々の支払いは、家賃・介護サービス費・雑費・食費・管理費で、施設によって光熱費がかかることもあります。

月額費用は、地域差が大きく、東京では平均25万円程度、青森では、月6から7万円となります。

住宅型有料老人ホームの費用

住宅型有料老人ホームは、有料老人ホームの中で、最も月額費用が安いことが多いです。
しかし、介護サービス費が定額ではないので、利用した分だけ上乗せとなります。

また、介護付き有料老人ホームと同じで、月額費用については、地域差がかなりあります。


まとめ

自立度が高く、老人ホームに馴染むことができなさそうな方には、サービス付き高齢者向け住宅はおすすめです。

毎日お部屋に、施設スタッフによる見守り訪問が付いているので、生活での不安なども話しやすい環境となっています。

離れて暮らす親については、不安な方も多いかと思います。賃料はかかってしまいますが、有料老人ホームと比べても、比較的リーズナブルといえます。