仕事と介護の両立を応援するブログ

これから介護世代が増える中、育児や仕事と両立していく子供世代も増加します。いまそのような状況になっている方・これから可能性のある方に向けて、介護とはどのようなことなのかをわかりやすくお伝えできればと思います。

尿取りパッドの正しい当て方・使い方とは

ふとした拍子に起こる尿漏れが気になる、オムツの交換頻度が高いという方には、尿取りパッドの使用をおすすめします。

尿取りパッドは、オムツや下着に直接貼り付けることで、排尿を瞬時に吸収することができます。そのため、下着やお洋服を汚すことなく、快適に過ごすことができるのです。

今回は、尿取りパッドの正しい当て方と、使い方についてご説明したいと思います。

1. 尿取りパッドとは

尿取りパッドとは、パンツやオムツに直接貼りつけて敷くことで、尿を吸収してくれるあてパッドになります。

軽い尿もれから、寝たきりの全介護の方まで、オムツの種類や、少量〜夜間長時間用までの尿取りパッド吸水量を選びながら、使用することができます。

尿取りパッドを使用することで、トイレでオムツ自体を交換するのではなく、パッドの交換のみで済むので、経済的で手間も省けます。

あくまで、尿を吸水するパッドなので、大便ときには、オムツごと交換の必要があります。

✳︎ ︎大人用オムツ選びの基礎知識


2. 尿取りパッドのメリット

尿取りパッドは、オムツ代の節約と、交換の手間を省くことができるのが最大のメリットです。

紙パンツに尿取りパッドを当て、紙パンツの交換を1日1回にした場合、紙パンツだけを利用した時と比べて、オムツ代が半額になることもあります。

また、ズボンを履いている方は特に、トイレに行くたびにズボンと紙パンツを脱ぐことは難しく、足元がふらつく方は、大変危険です。

尿取りパッドを利用することで、トイレ時にも、ズボンを脱ぐ必要がないため、とても便利です。

3. 尿取りパッドの正しい当て方

尿取りパッドは、正しい当て方をすることで、皮膚のトラブルや、漏れを防ぐことができます。

1. ギャザーを立てる

尿取りパッドの端をもち、軽く2〜3回伸ばして、ギャザーを立てます。ギャザーは、尿の堤防の役割をしてくれるので、横漏れを防ぐ重要な役割をします。

2. 尿取りパッドの向きを決める

尿取りパッドの片方の幅が大きい場合には、幅の大きい方を男性なら前側・女性ならお尻側にくるように当てます。

3. 尿取りパッドを当てていく

尿取りパッドを、直接パンツに当てる場合には、パンツからはみ出さないように余裕を持って貼ります。パンツの素材は、厚手で、皮膚に密着するようなものの方が、ズレにくいです。

尿取りパッドを、オムツに当てる場合には、オムツ自体のギャザーを潰さないように注意して当てていきます。

4. 尿取りパッドの位置とはみ出し確認

尿取りパッドの最適な位置は、個別で異なります。使っていくうちに、横漏れしない場所などを確認して、最適な位置を決めましょう。

また、尿取りパッドをつけた後は、オムツのギャザーを潰していないか・尿取りパッドが、下着やおむつからはみ出ていないか、最終確認をしましょう。

尿取りパッドに合わせて、オムツも正しく当てることで、尿漏れトラブルを防いでくれます。

✳︎ ︎正しいオムツの当て方・使い方とは

4. 男性は、男性用尿取りパッドがおすすめ

f:id:rayliax:20210123164456j:plain
ユニチャームホームページより

男性は、前面部にカバー力のある男性用尿取りパッドがおすすめです。特に、ユニチャームの製品は、瞬時の吸収力が高いため、すぐに尿を吸収し、蒸れにくく、サラサラの状態を保ってくれます。

トランクスなどのゆったりとした下着だと、漏れる恐れがあるので、ピッタリと皮膚に密着するブリーフやボクサーパンツと併用しましょう。


【大容量】ライフリー さわやかパッド 男性用 200cc 特に多い時も安心用 26cm 22枚 【ちょい漏れが気になる方】


5. 尿取りパッドの注意点

重ねて使用しない

尿取りパッドを何枚も重ねて、漏れの防止や交換の手間を省こうとしていませんか。
尿取りパッドを重ねることで、ズレやヨレの原因となるだけでなく、蒸れやすくなりかぶれにもつながります。

尿もれ量に合わないパッドやおむつの使用

尿もれ量に合わない大きすぎるサイズ・少なすぎるサイズは、皮膚への負担となります。尿もれ量によって使い分けましょう。

オムツを引っ張りながら場所を調節する

特に寝たきりの方は、寝ている間にオムツがずれてしまうこともよくあります。オムツを引っ張ると摩擦で皮膚に負担がかかるので、気をつけましょう。

尿取りパッドで男性器を巻いている

尿取りパッドを貝殻巻きと言って、男性器に巻きつける方法もあります。しかし、尿取りパッドで男性器を巻くのは、デリケートな部分の皮膚に大きな負担となります。できるだけ、男性用のパッドを利用し、巻きつけるのは避けるか、やむおえず使うなら、皮膚のトラブルが出ていないかしっかり確認しましょう。

✳︎ ︎オムツケアに絶対おすすめの便利グッズ


まとめ

尿取りパッドを使用することで、トイレでのおむつ交換の頻度を下げるので、安全・経済的・簡単です。そのためにも、尿取りパッドをうまく使うことで、皮膚トラブルや漏れの予防にも繋がります。