仕事と介護の両立を応援するブログ

これから介護世代が増える中、育児や仕事と両立していく子供世代も増加します。いまそのような状況になっている方・これから可能性のある方に向けて、介護とはどのようなことなのかをわかりやすくお伝えできればと思います。

有料老人ホームの種類は3つ!入居条件と費用比較

有料老人ホームは、「介護付き」「住宅型」「健康型」の3つに大きく分けて分類されます。それぞれの施設は、入居目的が異なります。

今回は、「介護付き」「住宅型」「健康型」は、それぞれどんな特徴があるのか、入居条件や費用について、わかりやすく説明したいと思います。


目次

1. 有料老人ホームの種類と特徴

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームとは、施設内に常に介護士が配置されているため、 24時間介護を受けることができる施設です。

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームとは、その名の通り、住むことを目的にした老人ホームです。掃除や洗濯機・料理などの生活で必要な家事は、施設スタッフが、行なってくれます。

ただし、介護士が24時間配置されているわけではありません。入浴介助など、介護が必要な時は、外部のサービス業者に依頼して、介護を受けます。

健康型有料老人ホーム

健康型有料老人ホームは、自立した生活を送れる人が、入居できる施設です。

カラオケや露天風呂など設備が様々で、充実したシニアライフを送ることができます。

一方で、介護が必要となってしまった場合は、基本的に、退去しなければいけないので、注意が必要です。

2. 入居条件の比較

有料老人ホームの入居条件は、種類によって異なります。

介護付き有料老人ホーム

要介護認定1から5を受けた人が、入居できます。

住宅型有料老人ホーム

自立から要介護まで、入居することができます。しかし、看護師や介護士が常駐しているわけではないので、 24時間医療ケアが必要となった場合などは、退去の可能性もあります。

健康型有料老人ホーム

自立した生活を送れる人が、入居できます。
基本的には、要介護認定を受けてしまうと、退去の可能性があります。


3. 費用の比較

有料老人ホームは、施設の設備や地域などにもよって、金額に大きな差があります。

たとえば青森県などでは、月々8万円で入居できても、東京では、21万円かかってしまうなど、地域の差が大きくなっています。

また、以前までは、入居一時金が必要な場合が殆どでした。しかし、最近は、入居一時金が0円のところも増えてきています。

一般的な費用の比較としては、健康型>介護付き>住宅型の順で、健康型が最も高いと言われています。(施設設備にもよります)

介護付き有料老人ホーム

毎月かかる入居料は、平均15から30万円です。
入居料の中には、家賃・管理費・食費・雑費・定額の介護サービス料が含まれています。

介護サービス料は、介護度によって定額なので、たくさん受けても費用が変わりません。

住宅型有料老人ホーム

毎月かかる入居料は、平均15から30万円です。入居料の中には、家賃・管理費・食費・雑費は含まれますが、介護サービス料は含まれません。

介護サービスは、利用した分だけ、上乗せとなります。

健康型有料老人ホーム

健康型有料老人ホームは、毎月かかる入居料が施設によって様々です。これは、設備の充実や、部屋の大きさにも大きな差があるためです。

月々の費用は、家賃・管理費・食費が含まれており、 10から40万円となっています。

まとめ

有料老人ホームには、大きく分けて3種類あり、それぞれに入居条件や特色があります。

とても元気で、老人ホームを嫌がるけれど、一人暮らしには不安がある場合もあります。そんなときは、健康型有料老人ホームやシニア向けマンションなどを検討し、介護度が進んでから住み替える選択もあります。

施設は、利用者にとって、住居となるので、しっかり検討する必要があります。