仕事と介護の両立を応援するブログ

これから介護世代が増える中、育児や仕事と両立していく子供世代も増加します。いまそのような状況になっている方・これから可能性のある方に向けて、介護とはどのようなことなのかをわかりやすくお伝えできればと思います。

やわらか介護食の配食サービスはどこがおすすめ?

やわらか介護食は、介護食を作る家族がとても大変です。さらに、食材や味が単一化してしまい、食に興味がでず、食が細くなってしまう方も多くいらっしゃいます。

そんなときに、週に1食だけでも配食サービスを利用することで、本人の食への関心が高まるだけでなく、メニューを参考に介護食のレパートリーが増えるなど、家族もとても助かります。

今回は、やわらか介護食を取り扱う3社について、おすすめポイントをまとめて比較検討していきたいと思います。

1. 配食サービスの選び方とは?

配食サービスの選ぶポイントは、全部で3つあります。それは、味付け・配送方法・介護食の種類の豊富さになります。
それぞれ詳しく説明していきましょう。

味付け

味付けは、個人の好みがあるので、1番良いのは面倒ですが、試してもらうことになります。

多くの配食サービスは、お試し食や味見食などが用意されています。他にも、送料無料など、初回限定割引があるところもあります。

味付けが自分好みであることは、食事への興味や楽しみにも繋がるので、面倒でもいくつか試してみることをおすすめします。

保存方法

お弁当は、多くの場合、宅配などによって送られてきます。そして、お弁当の保存方法は、常温・冷蔵もしくは冷凍保存となります。

冷蔵は、フレッシュなので美味しさをより感じやすいものの、日持ちがせずに食べきれない可能性もあります。一方で、冷凍の場合は、一度にたくさん頼むことができるので、受け取りの手間も省けるうえに、賞味期限も長くなります。

食が細くなってきている方であれば、食べたい時にレンジであたためて食べることのできる冷凍食がおすすめです。

介護食の種類の豊富さ

今回は、噛む力が弱くなった方や、飲み込みが苦手な方のための柔らかい食についての解説になります。

飲み込む力などは、年や介護度が上がるごとに弱くなってしまう可能性があります。そのため、柔らかさの度合いや段階がたくさんある方がおすすめといえます。

2. やわらか介護食の配食サービス業者比較

やわらか介護食の配食サービスを行なっているやわらかダイニング、MFS、宅配クック123について、それぞれの特徴を比較していきます。

3. やわらかダイニングの特徴

やわらかさは3段階選べる

やわらかダイニングでは、やわらかさの度合いが3段階に分けられているので、普通食に近いお弁当からムース食まで選ぶことが出来ます。

味付けは?

味付けの評価が高く、塩分が少なめなのに味がしっかりしていると好評です。

保存方法や日持ちは?

冷凍弁当としてクール宅配便で配送されるので、賞味期限は3ヶ月と長く保存することができます。

初回の味見はできる?

味見食は用意されていませんが、ムース食は3食お試しから、やわらかめ・ちょっとやわらかめについては、 7食から送料無料で試すことができます。




お試し送料無料は、こちらから注文するとできます。

https://kaigo.link/entry/yawaraka-dining/coupons-reputations/

4. MFS-メディカルフードサービス




✳︎やわらか食は、お試し6食から頼むことができます。

やわらかさは2段階選べる

やわらかさの段階は、やわらか食とムース・ソフト食の2段階から選ぶことができます。

やわらか食自体が、スプーンで潰せるほどのかなりやわらかい状態になっているので、噛む力がまだある方には、物足りない可能性もあります。
歯茎や入れ歯のみで食事をしている方が多く利用されています。

味付けは?

味付けは、美味しいとの高評価がとても多いです。さらに、見栄えや彩、お皿も無機質ではなく花柄など、細部まで気配りされています。

f:id:rayliax:20210303211646j:plain
MFSホームページ

やわらか食は、できる限り食材の形が保たれるように工夫されているので、今までの介護食よりずっと食欲をそそります。

保存方法や日持ちは?

冷凍で配送されてくるため、冷凍保存すれば90日間は賞味期限があります。念のためにストックしておくこともできるので、とても便利です。

初回の味見はできる?

初回お試しパックもありますが、やわらか食が6食セット、ムース・ソフト食が9食セットからとなるので、お試しにしては、やや多めともいえます。

しかし、冷凍保存が可能なうえに、送料無料なので、継続しやすいともいえます。




✳︎やわらか食は、お試し6食から頼むことができます。

https://kaigo.link/entry/medical-food-service/soft-meals-reputation/

5. 宅配クック123

やわらかさは2段回選べる

やわらかさの段階は、やわらか食とムース食の2種類から選ぶことができます。噛む力が弱い方には、刻み食も用意されています。

味付けは?

味付けは、全体的に薄めとなっています。
味付けがしっかりほしいと言う方には、物足りないかもしれません。

保存方法や日持ちは?

宅配クック123は、全国チェーンのフランチャイズなので、自宅に直接配送してくれます。
お弁当は、常温となっていて、到着したら2〜3時間以内、早めに食べ切る必要があります。

また、お弁当をそのまま配送してくれるので、留守の場合には、受け取ることができないのがデメリットとも言えます。

初回の味見はできる?

宅配123は、味見をすることができますが、普通食のみとなっています。 65歳以上の方限定で、普通食を無料で試すことができます。

注文のキャンペーンコード欄に『初回無料試食希望』と入力すれば適応となります。

→初回申し込みは、 こちらから店舗を選んで行ってください。

6. やわらか介護食の配食サービスおすすめは?

やわらか介護食の配食サービスおすすめは、やはり冷凍保存ができるほうが便利だと思います。そのため、やわらかダイニングかMFSが最もおすすめといえます。

MFSのおすすめポイント

MFSは、彩りやお皿に柄があるなど、細かい気配りが女性に人気です。MFSは、やわらか食以外にも、低タンパクやカロリー制限、糖質制限などさまざまなメニューがあるので、持病で栄養制限しなければいけない方には、とても便利です。




✳︎やわらか食は、お試し6食から頼むことができます。

やわらかダイニングのおすすめポイント

やわらかダイニングは、やわらかさの段階が3段階あるので、そこまで柔らかすぎると食べにくい・食欲がそそらないという方には、"ちょっとやわらかめ宅配食"がおすすめです。
やわらかくなっていますが、ほぼ普通食と同じ感覚で食べることができるので、とても美味しいと評判です。




お試し送料無料は、こちらから注文するとできます。


味付けは、お試しセットで確認を

やわらかダイニングは、初回限定送料無料となっています。MFSは、常に送料無料ですが、初回限定お試しセットが用意されています。

味付けについては、個人の好みがあるので、まず実食してもらうことが大切です。

配食サービスは、ご本人にとっては、レストランやご褒美感覚になられる方も多いです。食欲がそそるもの、美味しいと感じて完食できるものを是非検討してみてください。

まとめ

やわらか介護食は、用意する家族の負担がとても大きくなってしまいます。さらに、味付けが単調になり、食べる本人の食欲が低下してしまうこともしばしばです。

配食サービスをうまく利用することで、家族の心の余裕や本人の食への関心が高まりやすくなります。

やわらか食が評判のメディカルフードサービスのメニューや料金を徹底解説

メディカルフードサービスは、減塩や栄養強化用のやわらか食など、栄養制限がある方でも利用できる豊富なラインナップが特徴です。
一方で、メニューが多くてホームページでは、わかりにくいという声もあります。

今回は、やわらか食が好評となっているメディカルフードサービスのメニューや料金についてわかりやすくご紹介したいと思います。

1. メディカルフードサービスのやわらか食とは?

やわらか食のかたさとは?

メディカルフードサービスのやわらか食は、バナナで押しても潰れるほど柔らかく仕上がっていることで知られています。

f:id:rayliax:20210305104914j:plain
メディカルフードサービスホームページ

メディカルフードサービスには、やわらか食とムース食が用意されており、やわらか食は、歯茎で潰せるかたさになっています。歯茎で噛む力が弱くなっている方のために、ムース食は、舌で潰せる硬さになっています。

メディカルフードサービスの評判

家庭でやわらか食を作ると、味が単調になるばかりではなく、見た目も煮崩れしてしまい、食欲をそそるものではなくなってしまいがちです。

メディカルフードサービスでは、素材そのものの形を残しつつも、やわらかく仕上がっており、なおかつ美味しいと評判です。

https://kaigo.link/entry/medical-food-service/soft-meals-reputation/

2. やわらか食の日持ちと保存方法は?

やわらか食は、クール宅配便で送られてくるため、冷凍保存で、賞味期限は90日と非常に長くなっています。



3. やわらか食の種類は?

メディカルフードサービスのやわらか食には、栄養制限を受けた方のために数種類メニューが準備されています。

やわらか食

f:id:rayliax:20210305100453j:plain
【メディカルフードサービス】
ホームページ

最もスタンダードなやわらか食では、バリエーション豊かなおかずと、バランスの取れた食事内容が特徴です。塩分も控え目ですが、味がしっかりしていると評価の高いシリーズです。

やわらか減塩食

f:id:rayliax:20210305100047j:plain
【メディカルフードサービス】
ホームページ

やわらか減塩食では、塩分の量が1.7グラム以下になっており、塩分制限がある方でも安心して食べることができます。

やわらか栄養強化食

f:id:rayliax:20210305100301j:plain
【メディカルフードサービス】
ホームページ

やわらか栄養強化食では、食が細くなってきている方でも、少しの量で多くのタンパク質やエネルギーが摂れるように工夫されています。

ムース食

f:id:rayliax:20210305101105j:plain
【メディカルフードサービス】
ホームページ

ムース食は、歯茎で潰せるやわらか食よりも、さらにやわらかく舌で潰すことのできる硬さになっています。

ムース食では、栄養強化が難しい場合が多いですが、メディカルフードサービスでは少量で効率よくエネルギーチャージすることができます。

ムースプラスワンが便利

f:id:rayliax:20210305102045j:plain
メディカルフードサービスホームページ

ムース食をご利用の方は、プラスワンとよばれるシリーズがとても便利です。家で用意した介護食に、一品足すだけで、栄養強化にもつながります。



4. メディカルフードサービスの送料は?

メディカルフードサービスのお弁当は、配送料込みの値段設定になっています。そのため、クール宅配便を利用するのにもかかわらず、実質送料無料となります。

他の業者では、送料だけでも700円以上とお弁当1個分くらい支払わなければいけないので、ありがたいですね。

5. メディカルフードサービスの料金は?

メディカルフードサービスの料金は、お弁当の料金に送料も含まれるため、やや高めと言えます。
お試しセットの料金で比較していきたいと思います。

やわらか食

やわらか食お試しセットは、6食配送料込みで、5335円(税込)となります。
1食あたり約890円となります。

やわらか減塩食

やわらか減塩食お試しセットは、6食配送料込みで、5,454円(税込)となります。
1食あたり約909円となります。

やわらか栄養強化食

やわらか栄養強化食お試しセットは、6食配送料込みで、5,983円(税込)となります。
1食あたり約997円となります。

ムース食

ムース食お試しセットは、6食配送料込みで、4,480円(税込)となります。
1食あたり約740円となります。




全体的にやや高めですが、週に数回取り入れるだけでも、驚くほど楽になると思います。さらに、本人の食への関心も上がるので、とてもおすすめです。

まとめ

メディカルフードサービスのやわらか食は、栄養制限がある方でも利用しやすいようにバリエーションが豊富なのが特徴です。

また、送料無料なので、利用しやすいメリットもあります。介護食の準備が負担になっている方や、食が細くなってきてしまった方には、とてもおすすめです。

やわらか食の配食サービス、メディカルフードサービスの評判は?

やわらか食は、介護食を作る家族の負担も大きく、食べる本人も食が細くなりがちです。食事の量が減ったり、バランスが崩れると、免疫力が減ってしまい低栄養になることもあります。

今回は、やわらか食に定評のあるメディカルフードサービスの配食サービスについて、口コミや評判をお伝えしていきます。

週に数回でも配食サービスを利用することで、食事の楽しみが増えたり、家族の負担も減ります。また、プロの食事内容をみることで、家族の作る介護食のレパートリーの参考にもなります。

1. メディカルフードサービスとは?

メディカルフードサービスとは、低糖質・低タンパク質など様々なニーズに応えた配食サービスになります。合計600万食以上売り上げており、リピーターも多くいらっしゃいます。

中でも"やわらか食"は、好評で、お弁当だけでなく、肉じゃがなどプラスワンのおかずのみを頼むこともできるので、とても便利です。


2. メディカルフードサービスのおすすめポイント

全国送料無料

配食サービスの多くは、クール宅配便のため、送料が700円以上かかり、高くなってしまいます。一方で、冷凍庫に保存できる分ずつ頼むので、一度に大量に頼めないともいえます。

メディカルフードサービスは、送料無料なので、必要分ずつ小分けに頼めることができます。冷凍庫の心配もしなくていいので、とても便利です。

冷凍で長期保存可能

冷凍のお弁当は、 90日間長期保存することができます。とくに、高齢になると食べムラがでてきて、食べたい時に食べられるものがあることが最も大切です。

冷凍のお弁当は、食べたいときにレンジで温めるだけなので、とても簡単です。

彩が華やか

メディカルフードサービスでは、やわらか食でも、なるべく食材の形が崩れないように工夫されています。さらに食材をのせるプレートも華やかで、食べる人の食欲をそそります。

味が美味しい

メニューがワンパターンにならないように、日々内容を変えた献立があるのが嬉しいところです。また、塩分控え目になっているにもかかわらず、味付けがしっかりしていて美味しいと評価が高いです。

プラスワンのおかずも頼める

配食弁当は、高くなってしまうという心配や、家族が作った介護食にあと1品加えたいという方には、プラスワンが便利です。

f:id:rayliax:20210304103056j:plain
メディカルフードサービスホームページ

ムース食なら、肉じゃがやハンバーグ、中華炒めなどのバラエティ1品セットもあります。

3. メディカルフードサービスのやわらか食の口コミは?

やわらか介護食は、作るのが本当に大変です。そのうえ、自分で作ると味やおかずが決まってしまい、なかなかバリエーションも増やしにくいです。
週に1回分だけでも、配食サービスを使うのは、家族もご本人もとても楽になります。

介護食は、見た目や彩が悪くなりがちです。
メディカルフードサービスでは、企業努力で、やわらか食でも素材の形が崩れないように工夫されています。
見た目は、食欲の大切な要素になるので、ありがたいですね。

4. 試したい方は、お試しセットがおすすめ!

配食サービスをどこにするのか悩むときには、お試しセットで味を確かめるのが1番です。味付けは、個人の好みに差があるので、本人が食べて納得できるものを選ぶようにしましょう。

メディカルフードサービスを試してみたいという方は、"やわらか食の6食お試しセット"がおすすめです。
平日の15時までに申込みめば、在庫ある限り当日出荷してくれるので、手配も迅速です。気になる方は、是非試してみてください。




お試しセットは、こちらからお申し込みください。

kaigo.link
詳しい値段やメニューについては、こちらを参考にされてください。

まとめ

メディカルフードサービスは、医療と介護の専門家が連携した配食サービスで、さまざまなニーズ向けのお弁当がありました。また、お弁当だけでなく、ワンプラスなどの1品料理をストックしておくだけでも、食事の準備の負担が一気に減ります。

最近噛む力が弱くなった、飲み込みが苦手になってきたなと感じたら、送料無料なので、ぜひお試しセットから試してみてはいかがでしょうか。

やわらかダイニングの料金は送料が高い?お得に買える方法とは?

やわらかダイニングとは、噛む力が弱くなってしまったり、飲み込みが難しい方のための人気配食サービスです。

今回は、やわらかダイニングの料金について、高いと言われる送料やお得に買える方法をご説明したいと思います。

やわらか食などの特別介護食は、家族が作るには手間がかかるうえに、味付けや食材がマンネリ化してしまい、本人の食への意識が薄れてしまいがちです。週に1回でも、プロの味付けを取り込むことで、食への関心が上がり、家族の負担がグッと下がると言えます。

1. やわらかダイニングとは?

やわらかダイニングとは、管理栄養士が監修しているムース食や飲み込みしやすく工夫された配食サービスになります。

クール宅配便で送られてくるため、お弁当の賞味期限が3ヶ月と長く保存できるのが特徴です。また、レンジで解凍することで、食べたい時にいつでも利用することができます。

また、噛むことが苦手だったり、飲み込みが難しい方は、食が細くなりがちです。やわらかダイニングのお弁当は、平均300kcalほどあるので、効率よく栄養を取ることができます。

家庭でとろみ食などでは、なかなかカロリーを摂るのが難しいんですよね…。

2. 選べるやわらかさは、3段階あります

やわらかダイニングは、利用する方の状態にあわせて、やわらさかを3段階選ぶことができます。

厚焼き卵ぐらいの柔らかさ

f:id:rayliax:20210303100054j:plain
やわらかダイニングホームページ

普通食に近い見た目にこだわりがあるタイプです。食材の形が変わらないように、製法に工夫されています。

やわらか食では、食欲がそそらないと言う方には、おすすめです。

だし巻き卵くらいの柔らかさ

f:id:rayliax:20210303100108j:plain
やわらかダイニングホームページ

クチコミでは、かなり柔らかい、思っていたよりも柔らかかったといわれているのが、こちらのタイプです。

まだ食材を噛む力があるのなら、"ちょっとやわらかめ"からお試しするのがオススメです。

スクランブルエッグ並みの柔さかさ

f:id:rayliax:20210303100119j:plain
やわらかダイニングホームページ

完全に噛む力や飲み込むことが苦手な方のためのムース食になります。タレなどの味付けが工夫されているので、さまざまな食材と味を楽しむことができます。
自宅でこのレベルを毎日作るのは、かなり難しいので、おすすめです。

3. やわらかダイニングの料金は?

やわらかダイニングは、 1回の配送で、7食、14食、21食から選ぶことができます。すべてクール宅配便でくるので、冷凍庫がいっぱいにならないような計画性が必要です。

お弁当の料金は、やわらかさ別に異なります。また、まとめて注文するほど、1食あたり数十円安くなります。

ちょっとやわらかめ宅配食の料金

・7食セット:4,968円
・14食セット:9,828円
・21食セット:14,580円
(全て税込)

かなりやわらか宅配食の料金

・7食セット:5,616円
・14食セット:10,692円
・21食セット:15,984円
(全て税込)

ムースやわらか宅配食の料金

・3食セット:1,620円
・7食セット:5,616円
・14食セット:10,692円
・21食セット:15,984円
(全て税込)

4. 高いと言われる送料とは?

やわらかダイニングの配送は、クール宅配便によるものなので、 1回あたり税込770円の送料がかかります。これは、いくら以上買ったので無料というものはなく、一律でかかってしまいます。

しかし、初回購入時は、すべてのコースで送料無料で試すことができます。また、定期お届けコースについても、1回あたり税込385円なので、約半額で利用することができます。
いずれにせよ、初回は特にお得に試すことができるのは、ありがたいですね。




お試し送料無料は、こちらから注文するとできます。

5. やわらかダイニングをお得に購入する方法は?

・初回限定お試し送料無料を使う

やわらかダイニングは、クール宅配便のため、送料が高めという説明をしました。しかし、前項でもお伝えしましたが、初回注文は、すべてのメニューを送料無料で試すことができます。

これは、やわらかダイニングを利用するうえで、最もお得とも言えるサービス内容なので、ぜひ気になる方は、試してみてください。

・定期コースで頼む

定期コースは、通常送料が1回あたり税込770円のところ、半額の税込385円で利用することができます。

定期コースは、すべてのメニューにおいて、 7食を月1回から利用することができます。ひと月に7回以上食べる予定であれば、定期コースがおすすめです。

・クーポンを利用する

やわらかダイニングのクーポンは、購入履歴のある方に送られてくるパンフレットに載っているものになります。そのため、初回購入のときには、利用することができません。

送られてきた人の情報では、300円割引クーポンなどになるそうなので、やはり初回限定が最もお得と言えます。




お試し送料無料は、こちらから注文するとできます。

まとめ

やわらかダイニングは、咀嚼や嚥下が難しくなった方にはとても食べやすい配食サービスとなります。

毎食注文するのは、料金も高くなってしまいますが、冷凍保存もできるので、介護食を準備する家族の負担を下げるためにとても役立ちます。

塩分控えめでも味付けがしっかりしていると、味付けについても評価が高いので、気になる方は、是非お試しになってみてください。

やわらかダイニングの評判や口コミは?クーポン内容と初回限定お得情報とは?

やわらかダイニングとは、噛む力が弱くなってきたり、飲み込むことが難しい、むせてしまう方のための配食サービスになります。

今回は、味に評判の高いやわらかダイニングの評判や口コミについて説明したいと思います。また、お得に買えるクーポン内容と初回限定のみに使えるクーポンを超えるお得情報をお伝えしていきます。

やわらか食は、家族が作るのは手間がかかる上に、美味しく作るのは更に難しいと言えます。週に数回でも、配食サービスを利用することで、本人の食への興味を取り戻し、家族の負担も大きく下げることができると言えます。

1. やわらかダイニングとは?

やわらかダイニングとは、噛む力や飲み込むことが苦手な方向けの配食サービスになります。

冷凍なので、食べたい時に食べられる

クール宅配便の冷凍で配食されるため、賞味期限は3ヶ月間と長期で保存できるのがありがたいです。また、冷凍庫にストックしておけば、レンジで簡単に温めて、いつでも食べることができます。

管理栄養士監修で、味付けが良い

やわらかダイニングは、管理栄養士監修なので、塩分控えめでもしっかりとした味付けが評判です。またたくさんの量を食べれなくなった方でも、少ない量で効率よくカロリーを摂ることができるのも高評価となっています。

管理栄養士に電話相談もできる

管理栄養士が監修しているだけでなく、食生活の相談などを電話で直接管理栄養士に相談することができます。
病院などで、栄養相談の予約をする手間もなく、介護食を作るポイントや味付けについても気軽に相談できるので、ご家族も助かります。

2. やわらかダイニングの固さは、3段階

やわらかダイニングで選べる固さは、3段階となっています。それぞれの固さの特徴と、どんな人におすすめなのでしょうか。

レベル1は、厚焼き卵くらいのやわらかさ

f:id:rayliax:20210302220035j:plain
やわらかダイニングホームページ

やわらかダイニングの口コミでは、"想像していたよりやわらかい"という意見もあるので、レベル2と迷う場合は、レベル1から試してみる方が良いかもしれません。

レベル2は、だし巻き卵のやわらかさ

f:id:rayliax:20210302220114j:plain
やわらかダイニングホームページ

噛む力が弱い方、飲み込みに不安があり、とろみが少しついている方が良い方には、レベル2がおすすめです。

レベル3は、スクランブルエッグのやわらかさ

f:id:rayliax:20210302220142j:plain
やわらかダイニングホームページ

噛むこと、飲み込むことが難しい方におすすめです。 1食あたり200kcal以上あるので、少しの量で効率よく栄養を摂ることができます。

3. やわらかダイニングのクーポンとは?

初回購入は、送料無料

やわらかダイニングのクーポンは、初回購入の場合には利用することができません。なぜなら、初回購入の場合は、送料無料という圧倒的にお得だからです。




お試し送料無料は、こちらから注文するとできます。

やわらかダイニングのクーポンとは?

やわらかダイニングのクーポンは、購入歴がある人に対して、定期的に送られてくるパンフレットに記載されています。内容としては、300円割引などだそうです。

やわらかダイニングなどの配食サービスは、冷凍などの理由から、送料が高くなってしまうので、初回購入送料無料は、最もお得と言えます。

2回目以降は、定期お届けコースがおすすめ

やわらかダイニングの通常購入は、送料が756円となっていますが、定期お届けコースは、送料378円と半額になります。

2回目以降は、定期お届けコースが絶対的におすすめです。

4. やわらかダイニングの口コミは?

やわらか食を作る手間が省けたと言う意見

私も祖父が誤嚥性肺炎を繰り返すようになり、食事への配慮はとても大変でした。とろみを自家製でつけても、美味しくないのかなかなか食が進まず、痩せていく祖父…。
やわらかダイニングは、家族の介護食を作る時間を助けてくれるだけでなく、毎日家の食事というマンネリ化から、本人の食生活も脱却させてくれます。

塩分が控えめなのに味付けがよいという意見

退院して食が細くなっていた家族が利用して います。味が良く、いつも完食してくれます。 私も食べてみましたが、塩分を2g 以下に制 限しているとは思えないくらいしっかり味がつ いていて驚きました。
(埼玉県 J.Y 様 女性)
やわらかダイニング資料より

味付けがしっかりしているという意見は、他の方でも多く見受けられました。家庭で減塩を心がけた食事を作ると、味が単調になってしまいます。しかし、やわらかダイニングは、管理栄養士監修なので、プロの力で作られているので、味付けにも期待できます。




お試し送料無料は、こちらのページから利用できます!

まとめ

やわらかダイニングのクーポンは、購入履歴のある方に送られて来るパンフレットに載っていて、初回購入では使えないことがわかりました。一方で、やわらかダイニングは、初回購入が送料無料なので、もっともお得に頼めるとも言えます。

噛む力が弱くなってきた方や、飲み込みが苦手な方の食事は、用意するのもとても難しく、美味しく作るのは、さらに難しくなります。

ご家族の負担を下げるためにも、気になる方は、ぜひ試してみてください。

介護保険が使える?自治体主体の配食サービスとは?

ひとり暮らしや高齢者のみの世帯では、料理や買い物が難しくなり、インスタントやスーパーの惣菜で済ませてしまう人も少なくありません。

食事による栄養バランスの乱れは、体重減少や免疫力の低下、低栄養などにもつながってしまいます。
しかし、配食サービスを行いたくても、値段が高い・美味しくないなどのイメージが多く、スタートするのに抵抗がある方も多くいらっしゃいます。

今回は、自治体主体の配食サービスについて、介護保険を使える場合や補助金が出る場合などさまざまなパターンをご紹介したいと思います。

1. 民間の配食サービスは、介護保険

民間の配食サービスは、介護食や低カロリー食など、食事に制限がある方でも利用できるようにたくさんのニーズに合わせた種類が用意されています。

多くの配食サービスでは、 1食あたり500円〜900円ぐらいまで、幅広い値段設定となっています。一般的に、低タンパク質食などの特別食は、作ることが難しく、材料費もかさむため、高めの設定となっています。

食事の制限がある方は、高くても民間サービスの方が、選択肢も広くておすすめです。

民間配食サービスはどれがいいかわからない

民間配食サービスは、種類が多く、どれを頼めばいいのかわからないと言う方もいらっしゃいます。

あんしん相談室ならば、届けてほしい自宅の郵便番号を入れるだけで、利用できる業者を一括検索することができます。
インターネットでもできますが、資料請求するほうが、紙媒体となりわかりやすくなるので、資料請求がお勧めです。

2. 自治体サービスは、配食経費に介護保険が使えることも

最近では、自治体が独自で配食サービスを行ってくれています。これは、在宅生活による栄養バランスの維持や、食の見直し、在宅生活を支援することを目的とされています。

多くの自治体では、要支援認定を受けている方の中で、配食サービスが必要と判断された方、要介護認定を受けている人を対象としています。

まずは、自分の自治体で、配食サービスを行なっているかどうか調べてみましょう。また、要介護認定を受けていない場合には、これを機に、申請をおすすめします。→ 申請方法の説明へ

3. 自治体主体の配食サービスの料金は?

自治体主体の配食サービス料金やサービス内容は、自治体により様々です。

配食経費が介護保険適応の自治

名古屋市などでは、食費は自己負担となりますが、配食経費(配食サービス費)が介護保険適応としています。たとえば、300円のお弁当+配食経費が200円だった場合には、 300円+20円(介護保険1割負担)となります。

補助金が支給される自治

渋谷区などは、介護保険適応ではなく、補助金が支給されます。サービス対象の配食サービス業者を、自分で選ぶことができ、そこから 1日1食150円の補助金を支給してくれます。

格安で配食サービスをしてくれる自治

新潟県村上市などでは、 1回300円で、配食サービスとお届けの際の見守りを受けることができます。配食経費を支払う必要がなく、気軽に頼むことができます。

他にも、港区などでは、、区と配食事業者が契約で定めた額の約半額を、利用者が自己負担することになっています。残りの半分は、区が負担する形をとっているのです。気になる価格は、1食あたり、270円~480円となっています。

4. 面倒なら、民間サービスの検討を

自分の住んでいる自治体で、満足なサービスがない方や、申請が難しい・申請条件に合わない方は、民間サービスを検討しましょう。

配食サービス業者は、たくさんあるので選ぶのが難しいかもしれません。まずは、あんしん相談室という高齢者配食サービスの総合サイトから、お住まいの地域で利用できる業者を探してみましょう。

それぞれの配食サービス業者の詳しいメニューや説明は、資料請求すると紙媒体で確認できます。

民間配食サービスの方が、食事内容や見守りサービスが充実していることもあるので、よく見比べてみることが重要です。

まとめ

配食サービスは、基本的に介護保険適応外のサービスとなります。しかし、自治体によっては、補助金支給や、配食経費が介護保険適応としているところもあります。いずれの場合でも、利用するには、要介護認定を受けている方がスムーズです。

一人暮らしになって、栄養バランスが崩れてきてしまった、痩せてきたなと感じる方は、社会とつながるきっかけにもなるので、試しみてはいかがでしょうか。

低栄養の高齢者に処方されるエンシュアやラコールの役割とは?

高齢者の低栄養や低体重は、免疫力の低下を引き起こすだけでなく、転倒や骨折リスクなど、要介護状態を招く可能性があります。

定期的に通院していると、低栄養が心配されたときなどに、エンシュアやラコールなどの栄養剤が処方されることがあります。

今回は、低栄養・低体重で、経管栄養となっていない方を対象に、処方されたエンシュアやラコールの役割について、薬剤師がご説明したいと思います。

1. 高齢者と低栄養の関係とは?

高齢者の低栄養の割合とは?

平成29年の厚生労働省による国民健康・栄養調査」では、 65歳以上の約6人に1人が低栄養(BMI20以下)の傾向にあることがわかっています。

さらに、低栄養の傾向は、年齢が上がるほど、また要介護度が高くなるほど割合が上がってしまいます。

低栄養のリスクとは?

低栄養状態が続いてしまうと、筋肉が痩せてしまい、骨折や転倒しやすくなります。また、免疫力が下がるために、風邪を引きやすくなったり、術後の回復が遅れることもあります。

低栄養は、様々なリスクを抱えるだけでなく、認知機能の低下や生存率の低下にまで、深い関係があります。
栄養状態を改善することで、健康寿命を延長することにもつながるのです。

詳しくは、 低栄養の原因と症状についての記事も参照にされてみてください。

2. 低栄養の改善・予防方法とは?

低栄養の食事療法としては、 1日3回の食事を欠食せずに食べることが最も大切です。また、一度にたくさん食べれない方は、分割して食べても大丈夫です。

食事内容は、良質なタンパク質を摂るためにも、肉と魚をバランスよく食べることが大切です。主菜や副菜を組み合わせて、おかずから食べるようにしましょう。

詳しくは、 低栄養の改善・予防法の記事も参照にされてください。

3. エンシュアやラコールの役割とは?

エンシュアや、ラコールは半消化体栄養剤

栄養剤には、半消化体栄養剤・消化体栄養剤・成分栄養剤の3種類があり、この順番に消化吸収しやすいタンパク質の状態に変化されています。

つまり、最も食べ物に近いものが、エンシュアやラコールの半消化体栄養剤となり、最も味も美味しい状態です。

タンパク質が消化されやすい形になっている消化体栄養剤・成分栄養剤は、味もまずく、飲みにくくなっていきます。

エンシュアリキッドとラコールの役割とは?

高齢になると、食事の量が減ってしまうだけでなく、飲み込みや噛む力の低下や病気などが原因でも、低栄養になりやすくなります。

そのような高齢者特有の栄養補給に使えるのが、エンシュアやラコールになります。

エンシュアリキッドとラコールの違いとは?

ラコールとエンシュアリキッドの最も違う特徴は、カロリーに対してラコールの方が脂質が少なくなっていることです。脂質が少ないと、消化不良などによる下痢の副作用が現れにくくなります。

また、水分量にも違いがあります。ハイカロリータイプのエンシュアは、水分量が78%となっており、ノーマルタイプのエンシュアやラコールの85%とくらべて少なめになっています。これは、より効率よく栄養を取れると共に、過剰な水分が原因での下痢を防ぐことができます。

つまり、脂質に対して消化吸収がしっかりできる方であれば、エンシュアHが最も効率よく栄養を摂れて、下痢の頻度も低いと言えます。

エンシュアとラコールは、一度に飲まなくてもOK

エンシュアやラコールは、 1日かけて少しずつとることが可能です。開封後は、缶やパウチから、コップなどに移し替えて、冷蔵庫で保存をしましょう。

ラコール・エンシュアの使用上の注意

エンシュアは、開封後は48時間以内に使い切ること、ラコールは、24時間以内に使い切ることが注意書きになされています。

また、タンパク質や栄養が壊れないように、人肌以上には、温めないように注意しましょう。

4. エンシュアリキッドのおすすめフレーバーは?

エンシュアリキッドには、ハイカロリータイプとノーマルタイプの2種類があります。

味は、 全部で7種類(バニラ味、 コーヒー味、 バナナ味、 黒糖味、 メロン味、 ストロベリー味、 抹茶味)となってます。味付けは、香料のみの追加となっているので、成分の大きな違いはありません。

飲みやすいフレーバーを選ぶことで、エンシュアが甘すぎて飲みたくないなどのアドビアランスの低下を防ぐことができます。

1番人気は、コーヒー味

1番人気は、コーヒー味になります。昔ながらの甘めのコーヒーミルクのような味で、飲みやすいといえます。

1番最新は、抹茶味

1番最新の味は、抹茶味です。これは、かなり…個人的には美味しいと思えませんでした。抹茶というよりは、お茶とはまた違うへんな風味が後に残ってしまい、とてもたくさんは飲めませんでした。

1番おすすめは、○○味

1番おすすめは、黒糖味とバナナ味になります。ハイカロリータイプのエンシュアは、飲みにくさもありますが、バナナ味は爽やかで、かなり飲みやすいです。さらに飽きにくい!

黒糖は、コーヒー味に近いコクと旨味が残り、こちらも飲みやすいです。薬局でも、黒糖は、女性の方に人気が高いです。

5. ラコールのおすすめの使い方は?

ラコールは、エンシュアよりも甘みを抑えた経管栄養剤になります。味も薄めなので、エンシュアよりも飲みやすいと感じる方も多いです。

ラコールのおすすめの使い方は、ゼラチンでババロアにすることで、デザート感覚で食べることができます。 こちらの方のブログを参考にされてみてください。

ラコールを始めるときに、そのままで飲むことに抵抗がある場合などは、ぜひ試してみてください。