仕事と介護の両立を応援するブログ

これから介護世代が増える中、育児や仕事と両立していく子供世代も増加します。いまそのような状況になっている方・これから可能性のある方に向けて、介護とはどのようなことなのかをわかりやすくお伝えできればと思います。

安心できる高齢者見守りサービスのメリット・デメリットとは?

遠距離介護や仕事をしながら在宅介護をしている方には、高齢者見守りサービスがとても便利です。

高齢者見守りサービスといっても、本格的に導入するには、プライバシーの問題や月額費用が高額になるなど様々な問題点もあります。

今回は、高齢者見守りサービスのメリット・デメリットやその役割を説明していきたいと思います。
また、見守りの導入におすすめの低価格でプライバシーに配慮した見守りサービスもご紹介するので、ぜひ参考にされてみてください。

1. 高齢者見守りサービスとは?

高齢者見守りサービスの役割とは

親と離れて暮らしていたり、仕事をしながら在宅介護をしている場合には、急な体調不良や何かあったときに気づくのが遅れてしまいます。

そんなとき、家族の代わりにサポートをしてくれるのが見守りサービスとなります。

見守りサービスがあると、介護している側も介護される側も、安心して過ごすことができます。

高齢者見守りサービスの種類

現在普及している見守りサービスは、【訪問型・動きを確認するセンサー型・オート電話・カメラ型・宅配型】といった種類があります。

高齢者見守りサービスがおすすめの人

見守りサービスの費用は、月額費用になることがほとんどです。見守りサービスについては、介護保険が利かないので、全て自己負担となります。
必要なサービスと月額費用をしっかり考慮した上で、見守りサービスを検討しましょう。

2. 高齢者見守りサービスのメリット

非常事態に早く気付くことができる

自宅で倒れてしまった・詐欺やご近所トラブルに巻き込まれてしまったなど、非常事態に早く気づいてあげることができます。

体調の変化に早く気付くことができる

寝過ぎで傾眠傾向がある・トイレが異常に近いなど、生活サイクルの変化などから、認知症の初期症状や、新たな病気などの発見につながることもあります。

本人の安心感につながる

離れて暮らしている親などは、特に不安や寂しさが募りやすくなっています。子供や身内から見守りを受けているとわかるだけで、本人の安心感につながります。

家族の安心感につながる

離れて暮らしている場合や、日中仕事などで外出している場合にも、本人の状態がリアルタイムでわかることで、家族の安心感につながります。


3. 高齢者見守りサービスのデメリット

プライバシーが保持されないことがある

見守りカメラなどは、リアルタイムで本人の詳細な状態まで把握することができます。しかし、監視カメラのようになってしまい、プライベートが守られないデメリットもあります。
家族といえど生活を映像化して見るのは、お互いの心理的な負担もかかります。

費用がかかる

多くの見守りサービスで、月額費用がかかります。介護や見守りは、長い期間で利用することになるので、予算を決めることが大切です。

見守る側の負担が増える

非常事態が起きていても、見守る人がいなければ発見は遅れてしまいます。見守る人は、1人ではなく、なるべく多くの身内に協力してもらうことがとても大切です。

1人でも多くの人が見守ることで、見守る人の負担が下がり、見守られる人の安心感が増えます。また、何かあった時に気づける可能性も高くなるので、少しでも多くの身内に見守りの協力をお願いしましょう。

4. 安価で最も取り入れやすい見守りサービス



Goo of thingsは、 Wi-Fi不要・工事も不要で、家の電球を付け替えるだけで行える見守りサービスになります。

例えば、トイレの電気をGoo of thingsに付け替えるだけで、専用電球による点灯や消灯情報をアプリで家族にお知らせしてくれます。

1日点灯がなかったり、つけっぱなしの時などには、家族から電話連絡や訪問することで、非常事態にいち早く気付くことができます。

5. Goo of thingsができること

Goo of thingsには、AIが搭載されているので、電球の点灯・消灯情報以上の役割があります。

アプリで見やすく見守りできる

f:id:rayliax:20210413065939j:plain
Goo of thingsより

Goo of thingsの専用電球についているコードからアプリを導入することで、専用電球からわかる見守り情報がいつでも確認することができます。

スマートホンのアプリを導入すれば、見守り人数の制限なく利用できるので、家族みんなで見守ることができます。
見守りは、人数が多ければ多いほど心の負担も下がりますし、安全性も高まります。

生活リズムを学習してくれる

f:id:rayliax:20210413065800j:plain
Goo of thingsより

Goo of thingsでんきゅうAIは、設置した電気の点灯情報・消灯情報を独自分析してくれます。

独自分析の結果から、普段の行動パターンと変化があった場合には、日常生活機能が低下している可能性などをお知らせしてくれます。

ラーニングコストが安い

一般的な見守りと比べて、月額費用が1,078円/月(税込)と非常に安くなっています。 1日平均にすると、約30円程になりますので、他の見守りサービスと組み合わせるのもおすすめです。

プライバシーを保つことができる

見守りカメラなどは、監視カメラのようになってしまい、プライバシーの配慮が難しいといえます。

見守り電球は、電球のON OFF情報により生活リズムを把握することができるので、プライバシーを配慮しながらもしっかりとした見守りができます。



まとめ

離れて暮らす親や高齢者の見守りは、非常事態に早く気付くだけでなく、生活の変化や症状の変化を汲み取るためにもとても大切です。

現代では、AIが進歩しつつあるので、AIの分析と家族の見守りを組み合わせながら上手く使うことで、より安心感のある遠距離介護を行うことができます。

工事不要・Wi-Fi不要の高齢者見守りハローライトの口コミを実際使ってみた人をもとに徹底解説

ハローライトとは、 LED電球の電源ON/OFFを、メール通知で知らせてくれる世界初のIoT電球です。家にある電球を、ハローライトに交換するだけで、見守りを手軽に導入することができます。

今回は、ハローライトを実際に使ってみた人の口コミ・評判を徹底解析し、メリット・デメリットについてもわかりやすく説明したいと思います。

離れて暮らす親の見守りを手軽に安く導入したいという方・見守りカメラなどはプライベートが保たれないので導入しにくいと感じている方には、ハローライトはとてもおすすめです。
ぜひ参考にされてみてください。

1. ハローライトとは?

ハローライトとは、自宅の電球をLEDハローライトに交換するだけでできる見守りアイテムになります。

ハローライトの電源オンオフの時間を、登録した家族のメールに通知されます。24時間つけっぱなしだったり、ハローライトの電源をつけることがなかった場合などは、届いたメール通知を見て家族側が安否の確認をするきっかけになります。

ハローライトは、 Wi-Fi不要で、工事などもいらないので、誰でも手軽に導入することのできる見守りアイテムです。

2. ハローライトのメリット

安いコストで見守りができる

ハローライトの本体を購入すれば、ベーシックプランなら月額200円以下で見守りすることができます。見守りアイテムを初めて試してみたいという方や、他の見守りアイテムと組み合わせたいという方には、とてもおすすめです。

工事不要・Wi-Fi不要で手軽に導入できる

ハローライトは、家にある電気をハローライトの電球に交換するだけで手軽に導入することができます。工事不要・Wi-Fi不要も嬉しいポイントです。

プライベートを守りながら見守りできる

見守りカメラでは、見守りされる側のプライベートが保たれないので、導入拒否されてしまうケースも多いです。また、見守る側もリアルタイムで確認する必要があるので、負担にもなります。

ハローライトは、プライベートを守りながらも見守りすることができるので、とても便利です。

3. ハローライトのデメリット

ベーシックプランでは、メール登録が1人しかできない

f:id:rayliax:20210411092613j:plain
ハローライトホームページ

ベーシックプラン(月額165円税込)では、初期登録した1人のメールアドレスのみがハローライトの見守り通知を受けることができます。スタンダードプラン(月額495円税込)にアップグレードすれば、5人までメール登録をすることができます。

40W電球のため、リビングなどには不向き

電球の明るさが40Wなので、トイレや玄関などの狭いエリアであれば、十分な明るさといえます。一方で、リビングに使う場合には、40Wの電球1つでは暗く感じやすいので、複数ライトがある場合ならば、リビングにも使えます。

4. 実際使ってる人の口コミ徹底解説

コストパフォーマンスが良い

購入後2年経過何も問題なく使ってます。娘にメールが行くように設定したのですが、たまに旅行に出る際に通知するのを忘れると
、娘から電話がかかってきます。コスパは抜群です。
Amazon口コミより

LED電球なので、長年使えるためコストパフォーマンスも良いといえます。他の見守りサービスとくらべてもベーシックプラン最安月額200円以下で見守りができるのはありがたいです。

トイレに設置して、1日何度も確認できる

離れて暮らす高齢の父親の見守りのために。

トイレの電球をハローライトに変えたのですがトイレに行くたびに電気を付けたり消したりするので、ハローライトのホームページで最新のライトを付けた時間が確認出来て見守りとしては便利です。
見守りとしてはトイレのような1日に何回も付ける所に付けた方が良いという考えもあるし、朝起きたら必ず電気を付ける所に付けるのが良いという考え方もあると思います、どこに付けるかは考えた方が良いです。
Amazon口コミより

朝起きた時用にリビングにつけるのもいいですし、トイレなら使用頻度も高いので、確認にはとても便利と言えます。電球も40Wなので、明るさ的にも、トイレに取り付けている人がとても多いです。リビングの広さによっては、40Wでは暗く感じることもあるようです。

プライベートを守りながらも見守りできる

一人暮らしの母の見守りカメラを検討したが、監視範囲が限られること、いつも見てるわけにはいかない事、やはり気が引ける事などから、ハローライトへ。
リアルタイム性はありませんが、病気や怪我で動けないだとか、万が一の際何日も放置ってのは回避などに効果があるかと思いこれを選びました。

ネットでアクティベートするだけの手軽さ、商品代金に3年間の通信費が含まれるのも手続きの煩雑さが回避でき助かります。
Amazon口コミより

見守りカメラは、監視カメラ同様に都度見ていないと、効果も発揮しませんよね。見守りカメラは、見守る側も見守られる側にも、どうしても負担がかかりやすいのが欠点です。
まずは、ハローライトなどの見守りから導入することで、お互いの心の負担もかからずに安心感を得ることができます。

5. ハローライトをお得に買うには?

本体のみをお得に買うならば楽天市場

ハローライト本体のみをお得に買うならば、楽天市場ビックカメラがおすすめです。本体価格が、最低価格までされているうえに、ポイントまで付くのでお得です。


ハローライト HelloLight 見守りができるLED電球「HelloLight」 [E26 /40W相当]

<本体最安値 楽天ビックカメラのハローライト>

本体+3年月額料金までまとめて買うならAmazon

本体を購入しても、その後の手続きが面倒だったりしてしまいますよね。そんな方には、本体+3年月額料金まで含まれている商品が便利です。

家にある電球をハローライトに付け替えて、通知用のメールアドレスを登録するだけなので、誰でも簡単に導入することができます。


ハローライト 見守りができるLED電球「HelloLight」 [E26 /40W相当]

<本体+3年月額料金込みのAmazonハローライト>


6. ハローライトの進化版Goo of thingsとは?



ハローライトと同じ電球を使っているので、仕組みや通知については、同じになります。

最も異なるハローライトとGoo of thingsの違いは、通知の仕方と、AIの搭載があることです。

ハローライトのベーシックプランでは、見守りできる人は、初期設定登録したメールアドレス1人のみになります。 Goo of thingsでは、スマートホンにアプリを登録すれば誰でも利用できるので、見守り人数の制限はありません。

また、Goo of thingsには、AIが搭載されており、 1カ月分の点灯情報から行動パターンの変化を抽出し、日常生活機能の低下レベルを感じ取り通知をしてくれる新機能があります。Goo of thingsは、ハローライトを超えた見守りライトといえます。


7. Goo of things最大の見守りメリット

アプリで見やすい

f:id:rayliax:20210411075751j:plain
公式サイト

アプリ管理なので、とても見やすいのが最大のメリットです。
ハローライトは、メール管理なので、パソコンを常に使用している人には便利ですが、スマートホンを使っている方は、Goo of thingsの方が見やすくて使いやすいと思います。

アプリ管理は、自分で見たい時に、いつでも簡単に確認できるのもとても便利です。

見守り人数制限がない

どんなに優秀な見守りアイテムを導入しても、リアルタイムで見守る人がいなければ意味がありません。

遠距離介護や、在宅介護で見守りをされる場合には、見守る人数が多いほどいいです。見守る人数が多ければ多いほど、見守る人の負担も下がりますし、見守られてる側の安心感もあがります。また、非常事態に発見する確率も高くなります。

見守る人数制限がないというのは、見守りをする上で、とても重要なポイントといえます。



まとめ

ハローライトは、手軽に安く導入することができる高齢者見守りアイテムと言えます。また、より快適に使いやすいアプリ管理のGoo of thingsは、スマートホンを使っている子供世代には、とても便利です。

そろそろ見守りアイテムを導入しようと考えている方は、ぜひ今回ご紹介したハローライトやGoo of thingsを検討してみてください。

https://kaigo.link/entry/mimamori-light-for-elderly/recommend-items/
高齢者見守りライトについての詳しい記事は、こちらを参考にされてみてください。

工事不要・Wi-Fi不要!電球を変えるだけでできる高齢者見守りライト

遠距離介護や、日中仕事などで留守にしてしまうご家族にとっては、見守りカメラなどの高齢者向け見守りアイテムはとても便利です。

一方で、見守りカメラはプライベートを守ることができないので、ご本人から拒否されてしまうことも珍しくありません。また、多くの見守りアイテムは、導入の際に、工事やWi-Fiが必要になるなどハードルが高いものも多くなっています。

今回は、家庭の電気を利用して自然に見守りができる高齢者向け見守りライトについて説明したいと思います。高齢者向け見守りライトは、工事・Wi-Fiも不要なので、導入がとても簡単です。

また、おすすめの高齢者向け見守りライトもご紹介するので、気になる方はぜひ参考にされてみてください。

1. 見守りライトとは?

見守りライトとは、部屋に取り付けた電球のオンオフを検知することで、生活に異常が出ていないか確認することのできるライトです。

例えば、何か非常事態があり、1日中見守りライトが点灯しなかったとします。見守りをしている家族には、ライトが点灯していないという通知がくるので、電話などで連絡をして状況を確認することができます。

2. 見守りライトを使うメリット

工事不要・Wi-Fi不要でとにかく手軽に導入

見守りグッズを利用しようとすると、Wi-Fiやインターネット導入など工事が必要な場合もあります。

見守りライトは、今ある電球を、見守りライト電球に変えるだけの簡単作業なので、とても便利です。

自然な生活をしながら見守りができる

朝起きてまずすることは?玄関から帰ってきてまずすることは?と考えると、電気のスイッチをオンにするのは、生活の基本と言えます。

見守りライトは、寝室やトイレ、玄関などどこでもつけることができます。電気の利用状況をオンタイムで確認することで、非常事態に早く気づけると言えます。

プライベートを重視できる

見守りカメラを導入したいと考えていても、本人からは、監視カメラのようで拒否されてしまうケースも多いと思います。

見守りライトなら、電気の使う頻度だけを確認するものなので、プライベートを重視する方には、取り入れやすい見守りグッズといえます。

「LEDだから、長持ちするし、電球の交換が必要ないよ」「LEDだから、明るくていいよ」とプラスの面を伝えることで、比較的すんなり導入できると思います。

3. おすすめの見守りライトご紹介

メールで管理するならハローライト

ハローライトは、自宅の照明をハローライト電球に変えるだけで使える見守りサービスです。24時間電気がつけっぱなしになっていたり、点灯しなかった場合には、初期登録したメールへ通知がくるようになっています。

メールで通知を受けることで、ご家族や身内が直接連絡をとることで、安否の確認をすることができます。

アプリでさらに見やすくなったGoo of things



goo of things は、ハローライトと同じ電球を使ったより新しいサービスになります。

見守る家族側が、スマートホンにアプリを入れることで、電気の利用状況を一眼でわかりやすく改善されています。また、AIが搭載されており、1ヶ月分の行動記録を電気の使い方により予測して、日常生活機能の低下レベルを推定してくれます。

f:id:rayliax:20210410083846j:plain
goo of things

緊急時には、赤く表示されて警告をわかりやすく促してくれます。

f:id:rayliax:20210410084007j:plain
goo of things

メールの確認を定期的にされない方・パソコンよりもスマートホンを中心に生活されている方には、goo of thingsの方がおすすめといえます。

新しい見守りサービス【goo of things でんきゅうAI】
は、



4. ハローライトを安く買うには?

ハローライトは、ライトの購入費用と、月々の月額495円の費用がかかります。今回は、ライトの購入でお得なショップをご紹介します。

ビックカメラ楽天が特にお得

ハローライトを最安値で買うなら、楽天がおすすめです。楽天ビックカメラは、特に最安値でポイントも貯まります。


ハローライト HelloLight 見守りができるLED電球「HelloLight」 [E26 /40W相当]

Amazonで買うならこちらがおすすめ

Amazonを利用しているという方には、こちらの商品がおすすめです。Amazonでは、ハローライトは1,4000円超えが通常です。しかし、こちらの商品なら、楽天と同じ最安値で買うことができます。


ハローライト HelloLight LED電球 E26口金 電球40W形相当 見守りができるLED電球 HL02 (HelloLight本体のみ)

ハローライトの口コミや評判についての記事も参考にされてみてください。

5. goo of thingsを安く買うには?



goo of thingsは、公式ホームページからの購入が最も安く買うことができます。電球のみの価格10,780円を申し込めば、工事不要で簡単に取り付けすることができます。

月額費用は、1,078円ですが、初月無料になります。 Wi-Fi不要で、アプリ管理の費用を含めた価格なので、とてもお得です。
なによりも命や非常事態を考慮すると、リビングやトイレに1つ取り付けておくだけで安心感が変わります。

6. よくある質問

電球の口金が合わない場合は?

電球の口金は、最も一般的なE26(26mm)ですが、変換コネクタもあるので、ご自宅の電球に合わせたものを選ぶことで利用できます。


DiCUNO E17-E26口金変換アダプター 変換ソケット 熱に強い 2個セット

このような変換アダプタが販売されています。

見守る側の人数制限はあるか

ハローライトの初期設定では、メール登録は1人分しかできません。複数人で見守りたい方は、スタンダードプランにアップグレードすることで、5人まで登録可能です.

goo of thingsは、見守り人数の制限もなくご家族みんなで使うことができます。

見守る側は、人数が多ければ多いほど、緊急時に気づいやすいですし、心の負担も分散されます。なるべく身内に協力してもらい、みんなで見守る体制を心がけましょう。

まとめ

見守りライトは、Wi-Fiや工事が不要ですぐに取り入れることのできる手軽な高齢者見守りアイテムです。

お互いのプライベートを守りながら、自然と見守りができるので、見守られる側の負担も少なく済みます。

見守りアイテムを取り入れてみようとお考えの方は、ぜひ見守りライトから取り入れてみてはいかがでしょうか。

介護現場で活躍が期待される高齢者向けコミュニケーションロボットの種類とは?

コミュニケーションロボットは、要介護者の状態をヘルパーや家族の代わりに見守ることや、ひとり暮らしの方のコミュニケーション不足解消にも役立ちます。

今回は、介護現場で活躍が期待される高齢者向けコミュニケーションロボットの種類について、わかりやすく説明していきたいと思います。

1. コミュニケーションロボットとは?

コミュニケーションロボットとは、コミュニケーションを目的もしくは手段として、活躍するロボットのことです。

子供や赤ちゃん向けには、簡単な対話や触ることで反応してくれるコミュニケーションロボットが、昔から人気がありました。

現在では、その技術を応用化して、高齢者向け・大人向けのコミュニケーションロボットが多数活躍しています。

2. コミュニケーションロボットの種類とは?

要介護者の状態を検知するロボット

家庭用ではなく、介護施設を想定したロボットになります。ロボットをベッドサイドに設置することで、高齢者の状態が変わったときに検知して、シルエットを介護者に通知することができます。

f:id:rayliax:20210409061829j:plain
NTTdata ホームページ

代表ロボットとしては、NTTdataのsotaです。sotaは、コミュニケーションロボットに見守り機能を追加搭載した介護現場向けロボットになります。

撫でたり、話しかけたり操作に反応するロボット

主に家庭での利用を想定したコミュニケーションロボットです。
撫でたり触ったりすることで、ペットの代わりにお世話ができるペット型ロボットがよく知られています。


【送料無料】なでなでワンちゃん 秋田犬 HACHI ハチ 6種類の声で鳴きます。 ホビー・エトセトラ ペット 犬 その他の犬 レビュー投稿で次回使える2000円クーポン全員にプレゼント

他にも、介護・高齢者向けには、赤ちゃん型ロボットもおすすめです。赤ちゃんは、はっきりとした言葉を話さないので、言葉を認識することが難しい認知症の方でも取り入れやすいと言われています。


介護 予防 リハビリテーション レクリエーション こんにちは赤ちゃん トレンドマイスター セラピー ベビー センサー 福祉 楽しい 手軽 室内 介護予防 コミュニケーション 施設 病院

赤ちゃんの言葉は、どんな気持ちなのか・なぜ泣くのかを自分で考えて、想像することができます。そのため、脳への刺激も受けやすくなります。

https://kaigo.link/entry/communication-robot-for-elderly/recommend-items/

介護者の代わりに働くロボット

f:id:rayliax:20210409062837j:plain
palroホームページ

介護者の代わりにレクリエーションなどを行ってくれるロボットです。主に、高齢者施設向けのロボットです。

クイズやゲーム、音楽や体操など様々なプログラムが搭載されている人工知能を利用したロボットです。

3. コミュニケーションロボットがもたらすメリット

脳への刺激

コミュニケーションロボットに触れたり、話しかけることで、脳の視野・聴覚・会話をする部分など、さまざまな部分を働かすことができます。

特に、他人と話すのが苦手な方や、外出が難しい方には、コミュニケーションロボットは手軽でおすすめといえます。

寂しさの緩和

ひとり暮らしの高齢者は、特に寂しさや孤独感を感じやすいと言われています。
認知症予防の治療で、アニマルセラピーがあるように、ペットを飼うことで寂しさや脳への刺激を期待することもできますが、実際に飼う環境を整えるのは、とても難しいといえます。

本当のペットの代わりにはなりきれないかもしれませんが、コミュニケーションロボットなどを用いることで、話しかけたりお世話などをして、気持ちを和らげることも期待できます。

4. 自宅用コミュニケーションロボットの実証結果

【こんにちはあかちゃん】を開発・販売しているトレンドマスター株式会社の調査結果によると、平成28年度の「ロボット介護機器開発・導入促進事業(基準策定・評価事業)」において、【こんにちはあかちゃん】の有用性を調べる実証結果がでています。

「気分と行動」や「心理社会面」について行われた評価では、22名のうち、 8割を超える18名に改善が見られたと報告されています。

コミュニケーションロボットを使うことで、気持ちや心に変化をもたらすことが期待できます。

まとめ

コミュニケーションロボットは、様々な介護分野で、今後の活躍が期待されます。
中でも、家庭用のコミュニケーションロボットは、取り入れやすく本人の心にも働きかけてくれます。

ひとり暮らしで、寂しさを感じている方には、ペット型や赤ちゃん型ロボットを使うことで、家にいる時間を充実させてあげることができふのではないでしょうか。

高齢者介護におすすめのコミュニケーションロボット5選

コミュニケーションロボットは、ペットを飼う環境が整わない高齢者の方でも、気軽に取り入れることのできるツールになります。

高齢者介護向けのコミュニケーションロボットとしては、ペット型やお世話をする赤ちゃん型など、さまざまなタイプが販売されています。

ペットの声や赤ちゃんの声は、癒されるだけでなく、はっきりとした言葉ではありません。そのため、想像力を膨らましながらお世話をするので、より一層脳への刺激が高まりやすくなります。

今回は、高齢者介護におすすめのコミュニケーションロボットの特徴と、おすすめコミュニケーションロボット5選をご紹介したいと思います。

1. コミュニケーションロボットとは?

コミュニケーションロボットとは、「コミュニケーションを目的もしくは手段とする」ために用いるロボットの総称となっています。

以前から、赤ちゃんや幼児のおもちゃを対象に、簡単なコミュニケーションがはかれるおもちゃは、たくさん販売されています。そのようなおもちゃの仕組みを応用化して、高齢者や介護の分野でも使いやすくしているのがコミュニケーションロボットとなります。

2. コミュニケーションロボットがもたらす効果

脳の活性化につながる

会話をすることは、脳の中の様々な部分を使うことのになるので、脳の活性化につながると言われています。
しかし、外出をしなくなったり、他の人とコミュニケーションを取るのが苦手な人もいます。そんな方には、コミュニケーションロボットがおすすめです。

寂しさの解消ができる

同居する家族がいない・配偶者を失ってしまった方には、コミュニケーションロボットと話すことで寂しさを感じにくくする効果も期待できます。
認知症の治療で、アニマルセラピーもありますが、高齢になるとペットを飼うのも難しくなります。そのため、コミュニケーションロボットが手軽で効果的といえます。

生活の質が改善しやすくなる

「 2016年介護分野におけるコミュニケーションロボットの活用に関する大規模実証試験 」によると、使用した方の3分の1が生活の質や行動に改善がみられたことが報告されています。

中でも、セルフケアへの改善度がもっとも高くなりました。セルフケアが改善することで、介護度が上がる予防が期待できるので、コミュニケーションロボットの効果も期待できるといえます。

3. コミュニケーションロボットのおすすめ5選

なでなでワンちゃん・ねこちゃん


【送料無料】なでなでワンちゃん 秋田犬 HACHI ハチ 6種類の声で鳴きます。 ホビー・エトセトラ ペット 犬 その他の犬 レビュー投稿で次回使える2000円クーポン全員にプレゼント


トレンドマスター ぬいぐるみ なでなでシリーズ なでなでねこちゃん DX2 アメショーちゃん

ペットを家で飼うことができない方向けのコミュニケーションロボットになります。頭や背中など撫でることで、違った反応を示してくれるので、ペットを飼っているように可愛いがることができます。声にも反応してくれます。

おりこうのんちゃん


ものしりパートナー おりこうのんちゃん<電池企画販売>

おりこうのんちゃんには、ワード記録・しりとり・計算などの8種類の脳トレーニングプログラムが、搭載されています。

また、季節の会話をすることができるなど、 1600通り以上のコミュニケーションをとることができます。童謡などの歌も歌うことができるので、高齢者向けのロボットです。

こんにちは赤ちゃん


介護 予防 リハビリテーション レクリエーション こんにちは赤ちゃん トレンドマイスター セラピー ベビー センサー 福祉 楽しい 手軽 室内 介護予防 コミュニケーション 施設 病院

赤ちゃんのお世話をしながら生活をする【赤ちゃんと暮らす幸せ】をコンセプトにしたロボットです。
1歳児をモデルにしており、音センサーと振動センサーが搭載されているので、話しかけたりすることで、1歳児のような反応をしてくれます。はっきりとした言葉ではなく、赤ちゃん特有の言葉になるので、お世話をしたいという心をくすぐります。

泣き笑いあたん


泣き笑いたあたん 赤ちゃん型コミュニケーションロボット フランスベッド

フランスベッド認知症向けに開発した、コミュニケーションロボットです。
泣き笑いあたんは、本物の赤ちゃんの声を使用しています。触れてあげることで、泣いたり笑ったり感情を表現してくれるので、お世話をしてあげたいという気持ちを促します。

スマイビ


東郷製作所 スマイビ

スマイビは、普通のコミュニケーションロボットよりも、より高度な反応をしてくれるロボットになります。高価ですが、かなりおすすめです。

・表情をライトの変化で変えてくれる

f:id:rayliax:20210408064009j:plain
東郷製作所ホームページ

ライトの変化により、表情を変えることもできるので、本物の赤ちゃんのような反応を楽しむことができます。

・本物の赤ちゃんの声を搭載

本物の赤ちゃんの声を500種類も搭載しており、よりリアルなお世話を楽しむことができます。
認知症の方は、はっきりした言葉だけではなく、赤ちゃんの気持ちを全面に表した声からも様々な想像を膨らませます。赤ちゃんのお世話は、脳の刺激にもとても良いとされています。

・反応が一定ではない

他のコミュニケーションロボットと最も異なるのは、反応が単純ではないことです。頭を撫でるなど同じ行動をしても、スマイビが違う反応をしてくれます。
一定の動きや反応ではないので、味気なくならず、飽きずにたのしむことができます。

https://kaigo.link/entry/communication-robot-for-elderly/types/
関連記事も参考にされてみてください。

まとめ

コミュニケーションロボットは、介護疲れしてしまった家族にもおすすめです。本人の相手をしてくれるだけでなく、家族みんなに癒しを与えてくれます。

ペットを飼うのを諦めている方や、元気がない・コミュニケーションが減ったと感じる方には、とてもおすすめです。

プレゼントに最適!自分史を作れる親の雑誌とは?

自分の歴史をインタビュー取材や電話取材などを受けながら作ることのできるのが【親の雑誌】です。

親の雑誌は、高齢者向け電話型見守りサービスなどを行なっている株式会社こころみが行なっている新サービスになります。

今回は、自分史である親の雑誌とは、どんなサービスなのか、料金や作るメリットをご紹介したいと思います。

人生のプレゼントにも最適なので、ぜひ参考にされてみてください。

1. 親の雑誌とは?

f:id:rayliax:20210407062447j:plain
株式会社こころみ

高齢者見守りサービスなどを行なっている株式会社こころみによる【自分史】作りになります。自分の人生を振り返って、本格的な自分だけのオリジナルの雑誌を作ることで、通常では味わえない特別な人生のプレゼントになります。

2. 親の雑誌を作るメリット

親の雑誌には、高齢になった親を想う様々なメリットがあります。

見守りサービスをうけるきっかけになる

離れて暮らす親には、電話による見守りサービスを導入したいと思う人も多いと思います。一方で、親の立場からすると、お金を払って他人から電話が定期的にくるなんて、必要ないと一喝されることもめずらしくありません。

株式会社こころみは、通常事業として、オペレーターが、定期的に自宅へ電話をかける電話見守りサービスを行っています。
親の雑誌の取材でも、電話でのヒアリングがあるため、自然な流れで電話による見守りサービスの体験をすることができるのです。
親の雑誌の取材を楽しみながら受けてくれたら、見守りサービスを受ける抵抗も少なくなるといえます。

→電話見守りサービスについての詳しい内容はこちらの記事から。

自分の人生を形に残す

自分の人生を口に出して語る機会は、なかなかありません。そして、人生を語っても、しっかり聞いてくれる人も、あまりいないと思います。

親の雑誌では、自分の人生をインタビュー形式で話すことで、話す楽しさを知ってもらうことができます。
家にこもりがちで、他の人とコミニュケーションを取る機会が減っている方には、話す楽しさを思い出してもらうためにも有効です。

家族のコミュニケーションにつながる

完成された雑誌をみながら、ご家族やお孫さんなどは、おじいちゃん・おばあちゃんの新たな一面を知ることができます。また、親の雑誌を通じて、ご本人が家族に伝えたかったことなども、自然に伝えることができます。

3. 親の雑誌の申し込み料金

訪問取材による写真30枚・16ページにわたるバリュープランは、187,000円税込となります。バリュープランでは、出来上がった同じ雑誌を3冊もらうことができるので、みんなで楽しむことができます。

他にもページ数や写真を増やすプランもあります。バリュープラン以外のプランは、訪問取材だけでなく、電話取材も3回入るので、見守りサービスの導入に最適です。

4. 親の雑誌は、こんな人におすすめ

見守りサービスを導入したいが嫌がる人

離れて暮らす親に、見守りサービスを導入したいと考えている方で、ご本人からいらないと拒否されてしまう方には、おすすめです。
取材を名目に、自然な流れで電話見守りサービスの体験ができるので、親の雑誌をきっかけに見守りサービスを受けてもらいやすくなります。

プレゼントに

自分史の雑誌は、プレゼントにも最適です。高額かもしれませんが、一生の思い出になるので、特別なタイミングでの贈り物にも。

仕事を辞めて時間を持て余してる人

自分史を作ることで、人生の振り返りをすることができます。仕事を辞めて時間を持て余している人に、作る時間の楽しみを作ってあげることができます。

完成した自分史は、1人で読み返したり、他の人と話すときの話のきっかけ作りにもなります。

まとめ

親の雑誌は、楽しみが少なくなってしまった高齢の方や、他の人と話すきっかけがなく孤立してしまっている方にとても最適なプレゼントと言えます。

親の雑誌を作ることで、コミュニケーションのツールになるだけでなく、今後の電話型見守りサービスの導入にもつながります。
ぜひ参考にしてみてください。

オペレーターと電話で会話が直接できる高齢者見守りサービスとは?

離れて1人で暮らしているご両親に、毎週電話をしているという方も多いのではないでしょうか。電話をすることで、 1人で暮らしている親の安否確認や本人の安心感にも大きくつながります。

最近では、高齢者の見守りサービスとして、毎日同じ時間に音声ガイダンスが流れる見守り電話サービスもあります。一方で、機械音声でのサービスなので、味気なく嫌がられる方も多いです。

今回は、機械音声ではなく、オペレーターと電話で直接会話ができる高齢者見守りサービスについてお伝えしたいと思います。

1. 会話をしない男性高齢者は約4割

内閣府の調査によると、60歳以上独居の方では「人と会話をする頻度が2~3日に1回以下」と答えた人の割合は、男性41%、女性32%ということがわかりました。

約3人に1人の割合で、日常的に会話をしていないことがわかります。高齢者の人口割合から算出すると、約140万人が日常的な会話ができていないといえます。

2. 会話をすることで得られる効果とは?

日常的に他の人と会話をすることで、得られる効果は、様々といわれています。特に独居高齢者の方は、外出も億劫になりがちになります。そのため、他人と会話する機会も減ってしまうのです。
では具体的に、会話にはどんな効果が期待できるのでしょうか。

脳への刺激

会話とは、脳の様々な部分を使う作業になります。回想に利用する海馬や、考えるときに使う前頭葉、聴くために利用する聴覚野や口や舌を動かす部分まで、様々な部分が働きます。

1人でテレビを見てばかり過ごしていると、脳の刺激が減ってしまう可能性があります。

不安感の解消

会話をすることで、自分の思っていることを他の人に伝えることができるので、不安感の解消にもつながります。不安感が減ると、精神的にも安定して、安心感のある生活を送ることができます。

認知症の予防

脳への刺激や、ストレス・不安感の解消により、認知症の予防にもつながると言われています。また、第三者が会話を定期的に行うことで、認知症やほかの病気の早期発見につながることもあります。

3. つながりプラスの電話サービス

つながりブラスは、週に1回オペレーターから本人に約10分間電話をかけて、直接話をしてくれる電話型の見守りサービスになります。

つながりプラスの最大の特徴は、担当者が決まっているので、毎回同じ方が電話をかけてくれるという点です。そのため、信頼関係を築きやすく、本人も受け入れやすいというメリットがあります。

つながりプラスのメリット

・初めましてキットがある

初めて利用するときには、お話興味リストや自己紹介シートを記載するなど話の糸口をつかみやすくするキットが用意されています。
オペレーターと信頼関係を早く構築するには、とても便利なツールと言えます。

・担当者が基本変わらない

基本的に担当者は変わらないので、安心感があります。担当オペレーターは、特別な訓練を受けている方なので、親身に寄り添って話を聞いてくれます。

・フィードバックがある

毎回の電話ごとにライフレポートを作成して、メールで送信してくれます。基本的には、話した内容すべてにおいてレポートしてくれます。

つながりプラスのデメリット

・お話好きな方には、時間が短く感じる

1回あたりの10分程度の会話となるため、お話好きな方には、物足りなく感じることもあります。

・お話が苦手な方は、導入が難しい

電話が嫌いな方や、他人と話すことが苦手な方には、導入が難しくなってしまいます。

・料金が高め

担当者が同じ・直接オペレーターと話せるというメリットを考えると、妥当な金額ともいえるかもしれませんが、料金は機械音声よりも高めになります。

料金プラン

・入会金 10,000円

・月額利用料金

ライフレポートプラン9,504円税込
*毎週1回お電話&ライフレポ―ト

簡易ライフレポートプラン5,832円税込
*毎週1回お電話&簡易ライフレポート

つながりプラスホームページ

4. お話好きな方におすすめ!はなしとく?

はなしとく?サービスでは、定期的に高齢者の方にオペレーターから電話をかけ、 1回約30分間で、健康状態や困りごとの生活状況の確認をしてくれます。

メリット

・電話に出れなくても、3回くらいかけ直してくれる

1回目の電話がとれなくても、数回かけ直してくれるので、安心です。 3回かけても出なかった場合には、家族へ連絡がいくことになっています。

・1回30分と長く話せる

1回30分と長く話せるのがメリットです。ご両親に電話をかけたときに、なかなか話が終わらない話好きな方にはおすすめです。

デメリット

・つながりプラスより、サービスの質は下がる

同じ担当者・詳しいフィードバックが売りのつながりプラスとは異なり、担当者は決まっておらずフィードバックも簡潔なメールとなります。

料金プラン

・入会金無料
・月2回プラン:10000円
・月4回プラン:18000円

はなしとく?ホームページ


まとめ

電話での見守りサービスは、Wi-Fiのような初期設備も不要なので手軽に始めることができます。多くの電話型見守りサービスは、機械音声となっていて、決まった時間に決まった内容が流れる仕組みになります。

機械音声は、電話を受け取る側も味気なく継続が難しくなる場合も多いです。また、体調不良にいちはやく気づけないデメリットもあります。

お話好きな方や、忙しくてなかなかご両親に電話をかけられない方は、オペレーターと話せる電話型の見守りサービスがおすすめです。